本文へスキップ

お知らせお知らせ

2018年9月4日
 『東京人』9月号に寄稿しました
 東京の郷土誌として定評のある『東京人』9月号に、「田園都市株式会社100年」ということで寄稿しました。渋沢栄一が提唱して設立された同社は、東京人あこがれの高級住宅地、田園調布を開発。東京での郊外住宅地開発の先駆けとなりました。その後、同社は第一生命保険の創業者、矢野恒太や、阪急東宝グループの創業者、小林一三の尽力により形を変え、現在の東京急行電鉄となりました。

 当時、なぜ郊外住宅地が開発されたのか、そしてまた、どのようにして田園都市株式会社は東急電鉄へと移行したのか、について詳しく述べています。私自身、大変興味深く執筆いたしました。ぜひご覧ください。


 

 



 2017年のお知らせ
 2016年のお知らせ
 2015年以前のお知らせ


 スポンサーリンク