本文へスキップ

お知らせファミリーヒストリーの調べ方』

 【家伝記作成編】
 14章  家伝記は将来のためデジタルデータで作ろう



 家族史の調査もほぼ終わったとなれば、いよいよ具体的な家伝記の作成に入ります。

 家伝記という冊子をどういう形で作るのかと考えた場合、もちろん、手書きの一冊としてまとめればいい、ということでもかまわないのですが、できれば、兄弟や親族に配布する分を含めて十冊程度をパソコンのワープロソフトで制作し、家庭用プリンターで印刷するのがいいと思います。

 パソコンを自分で扱えないとなると、これはできませんが、これを機にパソコンの使い方を勉強してみるとか、家族の中でパソコンを使える人間に協力してもらうなどの手だてをご検討ください。

 パソコンにこだわるのは、データによる保存を意識してのことからです。家伝記は一度作って終わりではありません。子孫がいれば、今後も家伝記はどんどん追加されていく、ということになります。子孫が増えれば、家伝記もそれだけ冊数が必要になります。

 しかし、紙に書かれた一冊しかないというのでは、容易に複製はできませんし、「継ぎ足し」もできません。

 また、紙焼きの写真は年を経るに連れて劣化していきます。褪色したり、そもそも紙がボロボロになって破れてしまったりしてしまいます。皆さんのご家庭にも、戦前に撮られた写真がボロボロになっていないでしょうか。こうした古い写真はできるだけ早めにデータとして保存して、経年の劣化を食い止めることを考えるべきです。

 最近では技術が進歩して、劣化を食い止めるどころか、落ちてしまった色を補正して、プリントされた当初の色合いに近づけることまでできるようにもなっています。

 私の場合は、家伝記に載せる古い写真はすべて、「デジタルリマスター」版にしました。

 「デジタルリマスター」とは、映画の世界でよく出てくる言葉なので、ご存じの方も多いでしょう。その意味するところは、古い映画フィルムをデジタル化(データ化)した上で、変色してしまった色を補正して元の色合いに戻したり、フィルムについていた傷やゴミを取り除く加工をデータ上で行い、完成時のような美しい作品に仕上げ直すことです。

 リマスター修正前  リマスター修正後
戦前に撮られた古い紙焼きの写真(左)をデジタルリマスター処理した(右)。驚くほどの効果がある

 これと同じ事を私は古い写真で行いました。家庭用プリンターのスキャナーを使って写真を読み取り(データ化)、褪色してしまった色の補正をして元の色合いに戻した上、パソコンの画像処理ソフトを使って、折れてできた傷などを消す加工をしたのです。

 現在では、こうした作業も家庭用のパソコンとプリンターを使ってできるようになりました。

 このことにより、放置しておけば、十年後、二十年後にはボロボロになって見られなくなっていたであろう古い紙焼きの写真を、撮影時の色合いに復元しただけでなく、半永久的な保存まで可能としたのです。

 などなど考えると、家伝記は紙として持つだけではなくて、意識してデジタルデータとして保管し、子孫に「伝えやすくしておく」ことがお勧めです。

【You Tube リンク】
 
 小津安二郎監督の名作『東京物語』もデジタルリマスターでよみがえる
 映像の世界ではもはや当たり前のように行われているデジタルリマスター処理
 完成当時の映像や音声のまま、後世に伝えることができる

前のページ 次のページ


  スポンサーリンク
 


  ◆『ファミリーヒストリーの調べ方』 目次

   はじめに ファミリーヒストリー調査はここまでと割り切ればそれほど難しくない
   1章   ファミリーヒストリーとは何か
   2章   どこで割り切るか−目標の設定
  【家系図作成編】
   3章   戸籍を取る
   4章   墓碑銘を調べる
   5章   同時に戒名を記録しておく
   6章   代行業者に委託する際のポイント(上)
   7章   代行業者に委託する際のポイント(中)
   8章   代行業者に委託する際のポイント(下)
  【家伝記作成編】
   9章   兵籍簿を取り寄せる−戦争体験を残す一級史料
   10章    軍歴照会の方法
   11章    所属部隊の情報を調べる
   12章    親族にヒアリングする際のコツ
   13章    街は家族の生活の舞台、その成り立ちを知る
   14章    家伝記はデジタルデータで作ろう
   15章    目次を考えて、実際に書いてみよう
  【家訓作成編】
   16章   家訓はそもそも必要か(1)
        家訓はそもそも必要か(2)
        家訓はそもそも必要か(3)
        家訓はそもそも必要か(4)
   17章   時代とともに変わる家訓(1)

  【ファミリーヒストリーづくりに役立つ本】
        家訓編一覧

  【調べてみたらこうなった−家族史づくりの意外な効果編】
   その1   歴史が妙に身近に思えてくる(前)
        歴史が妙に身近に思えてくる(後)
   その2   多様な歴史観を持てるようになる(上)
        多様な歴史観を持てるようになる(中)
        多様な歴史観を持てるようになる(下)


   以降随時追加更新