本文へスキップ

お知らせファミリーヒストリーの調べ方』

 【調べてみたらこうなった−家族史づくりの意外な効果編】
 その2 多様な歴史観を持てるようになる(下)



 あらためて秋山光朝を中心に、源平争乱期における源氏の人間関係について見てみましょう。

 源義朝   − 源頼朝
         源義経(義朝の九男、頼朝に攻められ死亡)
【甲斐源氏】
 武田信義  − 一条忠頼(信義の長男、頼朝に攻められ死亡)
         武田信光(信義の五男、武田氏を継ぐ)
 加賀美遠光 − 秋山光朝(遠光の長男、妻は平重盛の娘、頼朝に攻められ死亡)
         小笠原長清(遠光の次男、遠光の跡を継ぎ信濃守、小笠原氏の祖)
         南部光行(遠光の三男、南部氏の祖)
         大弐局(遠光の娘、鎌倉2代将軍頼家、3代将軍実朝の養育係)

 これを見て、私が直感的にキーパーソンだなと思ったのが、加賀美遠光です。

 遠光は甲斐源氏、武田氏の祖と言われる武田信義の弟に当たります。若い頃は滝口武者(近衛兵)として活躍したという話もあって、京とのパイプを持っていたようです。実際、長男である秋山光朝は、平清盛の嫡男、重盛の娘を妻にしています。

 さらに、鎌倉幕府成立後は、娘の大弐局が2代将軍頼家と3代将軍実朝の養育係になっていることからも、遠光がかなりの人物であったと推察されます。

 このような加賀美遠光については、甲斐源氏の嫡流と言える武田信義と言えども、一目置かざるを得なかったはずです。そのため、源平の争乱の際、甲斐源氏として信義の号令一下、一致団結して動いていたかとなるとかなり微妙です。

 一族の関係をこのような家族史的な視点から見ていくと、当時、本家、分家の序列意識はそれほど強くなかったのではないかと思われます。あくまで人物本位の実力社会であったと考えた方がしっくりきます。

 そうでなければ、河内源氏の分家筋である甲斐源氏の中の、さらに武田の分家に過ぎない遠光の子である秋山光朝に、時の最高権力者だった平清盛の孫娘が嫁いでくるなどとは考えられません。

 また、そうであったからこそ、平家滅亡後、今度は頼朝が弟である義経をはじめとする源氏一族の有力武将(一条忠頼、秋山光朝)を粛清して、自らの基盤を確保しなければならなかったとも言えます。

 さらに、光朝が平家から嫁を迎えている点から。源氏と平氏で分ける必要がどれほどあったのかという疑問がわいてきます。

 そもそも両氏とも「天皇家の分家筋」ということですから、ルーツは同じです。

 と思ってよく見てみると、頼朝を初期の段階から支えた北条氏、千葉氏、三浦氏、土肥氏などの有力御家人たちは皆、平氏の流れをくむ一族です。

 などなど考えてくると、源平の争乱とは、総大将こそ源氏vs平氏だったものの、勢力全体としてオール源氏vsオール平氏といった単純な図式ではなく、源氏と平氏の各家が敵味方入り乱れて天下を争った時期とみたほうがいいのでしょう。

 時代小説やTVドラマでは、頼朝が挙兵をした途端、源氏の流れをくむ家が一斉にはせ参じて平氏を討って、当然のように頼朝は征夷大将軍になったように描かれますが、それは鎌倉幕府の側がそういう話にしたかったということであって、現実には源氏の側も平氏の側も各家個別の事情によって動いていたということです。

 こうしたリアルな現実も家族史を丹念にたどっていった結果から見えてきた事実です。

 歴史はどこから見るかで見え方が違ってきます。一般的な社会史とは異なる視点を持てるようになることは、とても有意義であると思います。

前のページ 次のページへ


 【関連書籍】