本文へスキップ

お知連載コラム一覧


岩手は日本の何なのか−「東の薩摩」のものがたり
 岩手は日本にとって何なのか−。岩手県にルーツを持つが、何も知らないままに東京で育った筆者が、東京からの視点で新たな「岩手」を考えていきます。今、岩手に住む人も、そうでない人も、新しい「岩手観」を通じて、日本とは何かを考えていただければと思います。
 第1シリーズは、「早稲田大学の源流」編。早稲田大学誕生の陰に岩手があった、という意外な話からスタートします。なぜそれが知られていないのか、秘史を明らかにしていきます。

みちのく小伝
みちのく小伝  歴史は記録、伝承されてこそ、歴史になる。ところが、その歴史は、日々、積み重なっている。今日の出来事が明日には歴史となる。とすれば、我々は日々、歴史を記録、伝承していく必要がある。
 ここでは、青森、岩手、宮城のみちのく地方に伝わる伝承を記録することを主眼に、まず、身近な伝承をご紹介することからはじめ、徐々にその範囲を広げていきたいと思っています。内容の性格上、アットランダム、かつ不定期に更新します。